MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

6万キロ交換していないプラグ

time 2014/12/05

6万キロ交換していないプラグ

今の車に搭載されているプラグってのは、
白金が大多数で、その寿命は10万キロOKと言われています。

でも昔のフツーのグリーンプラグなどは

大体2万キロ前後で交換。

軽自動車は1万キロで交換

ロータリーも1万キロ以前で交換が奨励されています。

でフツーのグリーンプラグを長い間つかっていくとどうなるか?
を撮ってきました。

これもなかなか無いぜ。

記録を見ると、プラグを6万キロは交換していない状態です。

60000km-plug1
どうだい?これでよく火花が飛んでいたもんだと感心します。

60000km-plug2
カーボンやら何やらがつきすぎてしまって、
もう電極部分は無いに等しい状態です。

当然エンジンはふけないし、調子も悪い。

60000km-plug3
エンジンを回さないもんだから、カーボンもぎっちりです。

スポンサードリンク

これ以上プラグに無理をさせると、火花が飛ばなくなって、
排気温センサーがついたりするでしょう。

一気筒死んでしまうと、その混合気が触媒まで到達して、
触媒の中で燃えてしまいます。

でもって、センサーが異常を知らせてくれて、
排気温センサーがつくというわけなのです。

 

おすすめプラグはイリジウムタフ。僕はいつもこれを使っています。10万キロ無交換OK

 

もし自分の車が排気温センサーが点くっていうのなら、
まずはプラグを外しましょう。
どこかひとつでもカーボンや燃料でびっしょびしょだと交換しないといけません。

それかプラグコードが怪しい。

そうなる前に、プラグは新品に換えましょう。

プラグをかえると、本当に体感できるくらい始動性がよくなります。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ