開いたエアバック

今の車には大体が標準で装備されている

エアバック

要するに、事故をしたときに、ハンドルや
ダッシュボードから

クッションのようなものが

爆発してふくらみ、人を守るってやつですな。

事故をした人以外では、お目にかかったことがある人は少ないものです。

ほい

air-bag-tenkai1
エアバック

このエアバックという物体は、クルマの衝撃を感知するセンサーにて、
起爆され、爆発、膨らみます。

スバルの軽自動車で3箇所くらいかな?

いずれも前方にせっちしてあります。
確か、助手席の足元、運転席の足元あたりにあったと習ったりしましたが。

エアバックがないと死んでいたなんてことはしょっちゅう耳にしますが、

エアバック自体も結構な衝撃だったりします。

整備振興会に、事故をしてエアバックが開いて

その衝撃で骨折をしたと、文句をいってきたユーザーがいたそうです。

振興会の人は、

「エアバックがなかったら、骨折ではすみませんでしたよ」

と、説得したそうです。エアバックで骨折、
こいつはなかなかヘビーですね。

実際エアバックの布はかなり硬い布を使っていて、
それが瞬間的にガスの起爆によって膨らむわけですから
痛いのかもしれません

air-bag-tenkai2
こんな感じでハンドルを突き破って出てくるエアバック★

air-bag-tenkai3
結構でかいなぁ

クルマを廃車にするときも、業者はエアバックの展開作業を終えてから、
解体屋さんに出してあげないといけません。

スポンサードリンク

クルマをぜんぶ締め切った状態で、クルマに毛布をかけて、
配線をながぁぁぁく設置して

スイッチオン

どっかぁぁぁん

って具合に作業します。まじだよまじ。

ちなみに、今回ちょうどエアバックのモデルになってくれた
クルマは

わが社のほかの部署の車で

681km
走行距離まだ681kmという納車して2週間使っていない車なのでした。

あーあ。エンジン下ろそうっと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする