キャリィ DD51T フロントデフオイル交換

スズキのキャリィです。DD51Tという型式です。4WDなのでフロントにデフがあります。フロントデフオイルを交換したのでお伝えします。

キャリィです。

フロントデフオイルのドレンボルトやフィラーボルトは四角い凹んだネジです。9.5sqのラチェットでも回せますが、なめやすいので専用工具が望ましい。

デフやミッションオイルは注入口から緩めること。いきなりドレンを外してオイルを抜いてしまうと、後で注入口が緩まなくてオイルが入れられない・・。

という事態を防ぐためです。これはCARBOY誌からのうけおいです(笑)

注入口を外したらオイルが出てきた。ちょっと多めに入ってるみたいですね。

ドレンボルトも外します。マグネットが付いているものもあります。このキャリィはマグネットドレンではありませんでした。

ドレンボルトにパッキンは使っていないので、ねじ山に液体ガスケットを塗布して締めます。

そして注入口からデフオイルを入れて溢れてきたらOK。

あまり入れすぎると走行中の圧力で吹いちゃいますので、注入口からオイルが出てこなくなったらフィラーボルトも締め付けます。

キャリィDD51Tのフロントデフオイル交換でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nk3 より:

    デフオイルの交換の経験はありませんが、画像ではオイルが透きとおってキレイそうに見えますが、交換頻度はどのくらいでしょうか?

    • MHO より:

      交換後2万キロくらい走ってると思います。その間10年くらいは経過してるかもです