昔の車ほど簡単でない、フューエルフィルターの交換作業

ちょっと前の車であったら、フューエルフィルターの交換は簡単にできました。
僕も自分が乗っている車のフューエルフィルターを交換したりもしました。ガソリン車の場合は
ガソリンにより脱脂がなされているので燃料ホースを外すのがかなり困難です。へたしたら切れてしまうから注意が必要だ。

そして現代のフューエルフィルター。セレナのものを交換しましたが、燃料ポンプと一体型で取り付けられているタイプでした。これはいちいち燃料ポンプまで外さないといけないし、作業的にはちょっと面倒くさかった。

sb-log858-01

ではディーゼルはどうかというと、ディーゼルは結構簡単です。オイルフィルターと同様の容量で交換することが出来ます。ただディーゼルの場合はエア抜きが必要になります。プライミングポンプを何度も何度も煽ってやらないといけない。これを知らないユーザーは結構多い。

さらに問題なのは、プライミングポンプを長らく使っていないときのこと。一度あったんだけど、エア抜きをしたのはいいんだけど、その後プライミングポンプを元に戻したらパッキンが駄目になってそこから燃料が漏れてきたことがあった。普段使わないからパッキンも劣化したのでしょう。

燃料フィルターを交換しなければ遭遇しない珍しいトラブルでした。
ですが、10年10万キロをめどに燃料フィルターも交換してあげれば車も良い調子で乗ることが出来ると思います

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする