ライフダンク JB4 ブレーキパッド交換

ライフダンク
JB4

ブレーキパッドを交換したのでレポートします

c-log1266-01
ライフダンク JB4。ブレーキパッド交換

c-log1266-02
まずはブレーキフルードのタンクから、ブレーキフルードをスポイトで少し吸い取っておきます

c-log1266-03
作業に入ります。キャリパーの下のネジを外す

c-log1266-04
12mmです。

c-log1266-05
ネジをはずしたらキャリパーを持ち上げます

c-log1266-06
古いブレーキパッドを外しにかかります。

c-log1266-07
マイナスドライバーなどでこじって、ブラケットから古いブレーキパッドを外す。外側と内側2枚です

新旧パッド

c-log1266-08
新しいパッドにシムなどを移植してブレーキパッドグリスを塗布。


シムは純正パッドを注文すればついてきますが、社外だと再利用します

c-log1266-09
これで装着準備完了。キャリパーのブラケットにはめる

c-log1266-10
ローターにグリスがつかないように注意

c-log1266-11
キャリパーのピストンを戻します

c-log1266-12
キャリパーのピストンをウォーターポンププライヤーなどを使って挟み込んで戻す。
この時ブレーキオイルがタンクに逆流します。オーバーフローを防ぐために最初にブレーキオイルを抜いておきました

c-log1266-13
もどったらキャリパーをパッドに被せる

c-log1266-14
このとき上手くはまらないときは、ピストンが戻したりないか、パッドが規定の位置に収まっていないということです

c-log1266-15
あとはキャリパーのネジを締めて終わり。スライドピンが共回りする時は
内側にスパナをかけて固定してネジを締める

反対側のパッドも交換したら、ブレーキペダルを何回かポンピングします。
踏みシロが出て、カチッとなったらブレーキオイルをMAXまで調整して終わり

ブレーキパッドの当たりをつけるため、低速で最初は気をつけて走りましょう。

ライフダンクのブレーキパッド交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする