MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

メインヒューズについて

time 2015/01/19

メインヒューズについて

main-fuse1
今日のお題はコイツです。

なんでしょうか?

main-fuse2
ジャン!

main-fuse3
ジャジャン!!

そーです。こいつは俗に言う

メインヒューズというものです。

このメインヒューズというものは、僕も一度痛い目にあっております。
こいつは読んで字のごとく、

メインヒューズなわけですね。

こいつがとんでしまうと、エンジンがかけられなくなる、
ヒューズの親玉というわけです。

僕ががなぜ痛い目にあったのかというと、

何回かサイトでも書いたと思うけど、

僕が当時2代目の愛車として、FC3Sに乗っていました。
で、FCという車は

オルタネーターのベルトがとても弱いんですよ。

だから、チューニングが進むと、
排気ガスをクリーンにするエアポンプという装置をキャンセルして、
オルタネーターのベルトを2本がけにするという技を良く使うんです。

ロータリーは排ガスがかなり汚いので、
エアポンプをファンベルトで駆動して、触媒をたすけているというわけです。
このエアポンプにかけているベルトのところに

オルタネーターのプーリーをWプーリーにして
ベルトを2本かけて補強するというわけなんですよ。

オルタネーターをWプーリーにして
ベルトを2本掛けすると、車検には通りません。
ちゃんと車検時にはエアポンプにベルトをかけるようにしましょうね。

話がそれましたが、

その、オルタネーターのプーリーを換える時に、
オルタネーターを脱着するわけですよ。

で、当時オルタネーターを外すときは
先にバッテリーのマイナス端子を外しておかないといけない
なんて

知らないもんだから

そのままオルタネーターを外そうとして、
B端子とボディーアースをショートさせてしまい、

メインヒューズを飛ばしてしまったんです

いや、かなりいい火花が飛びましたよ!
何かがショートしたっていうのはわかるんだけど、
オルタネーターを組みなおして、さてエンジンをかけようと思ったら、

何も反応しないんですよ。

スポンサードリンク

車の電装品が何も反応しない。
まるで車にバッテリーがついていないような状態ね。

で、かたっぱしからヒューズをあさったら、
メインヒューズが飛んでいるのを確認して
車屋に走ったんですが、当然そんなヒューズはおいていません。

店員が個人的に持っていたのを強引に譲ってもらったという経験をしたことがあるんですよ。

FCにつかっているメインヒューズも2枚目と3枚目の画像の

100Aの青いやつ。

これはただ単にはまっているだけじゃなくて、ネジ止めして
取れないようになっております。

とにかく大電流が流れているところをショートさせると
このメインヒューズが飛びますね。

おそらくクラッチを交換しようとして、バッテリーのマイナス端子を外さないで
セルモーターをショートさせても

メインヒューズは飛ぶでしょう。

あとバッテリーをプラスマイナス反対につなげちゃうと
これも多分メインヒューズが飛ぶと予想できます。

 

電装品の点検はサーキットテスタです。

 

普通にしていれば問題ないんですが、
もし作業をしていてでかい火花がとんで、ショートしたなって思ったら

メインヒューズを疑ってください。

これはその辺のカーショップにおいてないので、ディーラーに走ったほうが
GETできますよ。

今回はメインヒューズについてでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ