ミニキャブ U62V クラッチオーバーホール

三菱のミニキャブです。型式は U62V。クラッチが滑っていたのでオーバーホールしました。

u62v-blower-motor1

ミニキャブ U62V クラッチオーバーホール

u62v-clutch1

まずはリヤにあるバッテリーのマイナス端子を外しておきます。セルモーターを外す必要があるのでショートを防ぐためです。

u62v-clutch2

続いてシフトワイヤーを外していきます。

u62v-clutch4

ワイヤー類を外す。

u62v-clutch7

配線を外します。

u62v-clutch9

プロペラシャフトとセルモーターを外します。プロペラシャフトを外すと、ミッションオイルが出てきてしまいますので、ミッションオイルを交換しない場合は抜かないように。

u62v-clutch19

マウント類を外す前に、ミッションジャッキを取り付けます。

u62v-clutch3

ミッションジャッキをセットしたら、ミッションマウントを外します。

u62v-clutch5

ベルハウジングのネジを外してミッションを下ろす。

u62v-clutch6

5万キロで滑ってしまったクラッチ。使い方が粗いですね。

u62v-clutch8

レリーズベアリング。

u62v-clutch10

今回用意したのはエグゼディのクラッチキット

u62v-clutch11

ディスク・カバー・ベアリングが付いています。

u62v-clutch12

レリーズベアリングを交換します。

スプラインやベアリングの取り付け部分にクラッチグリスを塗布

u62v-clutch13

ピンがかけにくいので注意。無理やりやると曲がります。

u62v-clutch14

三菱の軽自動車のミッションからメンドラを分解して持っているので、センター出しに使います。

u62v-clutch15

これでセンター出し100パーセント狂わない。

u62v-clutch16

クラッチを対角線上に取り付けて、ミッションと合体。

u62v-clutch17

無理をしないで合体させます。ノックピンが錆びていると、合体しにくいです。

u62v-clutch18

合体です。あとは元に戻すだけ。

u62v-clutch20

ほぼ完全に滑ってしまったクラッチです。

u62v-clutch21

ミニキャブ U62Vのクラッチオーバーホールでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 元スバルの糞メカニック より:

    えらくダンパースプリング周りが焼けてますね。