シエンタ、ハイブリッドE-Four、リヤトラクションモーターフルード交換

3代目となったシエンタです。

このシエンタになってからハイブリッドにも4WDが追加されました。4WDはリヤをモーター駆動しています。

リヤデフの代わりにモーターがついているという事になります。もちろんこの部分にもフルードが使われています。

3代目になったシエンタは、ハイブリッドでハイテク武装されているにも関わらず、診断機を使わないでもある程度の整備ができるようになっています。

今日はリヤモーターのフルード交換を書いてみます。

リヤトラクションモーターフルード交換

リヤデフのようでデフではなく、モーターです。

正式名称はリヤトラクションモーターと呼ぶようです。

交換の作業は診断機などは必要なく、普通のデフオイル交換の手順で可能です。

まずは車両を水平の状態にして、フィラー側プラグを外します。

フィラー側のプラグは右後輪からモーターを見てください。

右後輪からモーターを見ると、フィラープラグが見えます。

これがフルードを入れるフィラー側のプラグです。

使用する工具はヘキサゴンソケットレンチ10mmです。

これはリヤ左側からモーターを見た図になります。

フィラーが緩んだら、今度はドレンプラグを外します。

ドレンプラグは画像下側に移ってるボルトです。

フルードが排出されたら、パッキンを新品に交換してドレンプラグを規定トルクで締めつけます。規定トルクは39 N・m (398 kgf・cm)

あとはフィラー側からトヨタオートフルードWSをフィラープラグ穴下端から0 to 5 mm以内のレベルまで補充します。

純正トヨタ オートフルードWS 08886-02305 入数:4L×1缶

純正トヨタ オートフルードWS 08886-02305 入数:4L×1缶

2,780円(01/31 22:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

規定量は1.2Lです。充填したらフィラープラグを規定トルクで締め付け。39 N・m (398 kgf・cm)

あとは漏れがないかを確認して終了。従来のデフオイル交換とほぼ同じです。

下の写真に紛らわしいネジがありますので、間違えないようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする