MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ミニキャブ U62V リヤアクスルシャフトシール交換

time 2015/02/12

ミニキャブ U62V リヤアクスルシャフトシール交換

車検で預かったミツビシのミニキャブバン。型式はU62Vですが、ドラムを開いたら内部にデフオイルが漏れだしていたので修理です。

u62v-blower-motor1

ミニキャブバン U62V リヤアクスルオイルシール交換

minicab-u62v-r-axl-seal1

ドラムを開いたらなんだか中が湿っている。

minicab-u62v-r-axl-seal2

シャフトのオイルシールが劣化して、ドラムの内部にデフオイルが漏れだしていました。

ブレーキシューもデフオイルでギトギトになっていたので、交換することに。

minicab-u62v-r-axl-seal3

これでは制動力がほとんど出ません。

minicab-u62v-r-axl-seal4

ドラムもギトギトです。

minicab-u62v-r-axl-seal5

まずはホイールシリンダーのパイプロッドケーブルを切り離す。バックプレートを外す必要があるからです。

minicab-u62v-r-axl-seal6

ブレーキオイルが漏れてくるので、ブレーキブリーダーのキャップをパイプロッドケーブルに付け替えてあげれば、ブレーキオイルの漏れをある程度防げます。

IMG_2666

バックプレートの裏側です。14mmのナットを4本外します。

minicab-u62v-r-axl-seal7

そうしたらスライディングハンマーを使って、シャフトを引っこ抜きます。

minicab-u62v-r-axl-seal8

傷をつけないように注意。

minicab-u62v-r-axl-seal9

奥に見えるのが問題のオイルシールです。

minicab-u62v-r-axl-seal10

かなり奥に打ち込んであるので、特殊工具がないと取り出せません。

minicab-u62v-r-axl-seal11

特殊なプーラーとスライディングハンマーを組み合わせて引っこ抜きます。

minicab-u62v-r-axl-seal12

抜けました。結構固いですよ。

こういう工具があればいいんですけどね。

 

スポンサードリンク

続いてオイルシールを打ち込みます。

 

minicab-u62v-r-axl-seal13

 

僕は36mmのソケットにエクステンションをつけて打ち込んでいきました。

このオイルシールは純正しか設定がなかったって言ってました。

minicab-u62v-r-axl-seal14

規定の位置まで打ち込みます。

minicab-u62v-r-axl-seal15

 

バックプレートとホーシングの接続部分に液体シーラーを塗布して組み付けます。

でないと水が入ってしまう。

僕が使っているのはワコーズのガスケットメイクです。

minicab-u62v-r-axl-seal16

デフオイルまみれになったブレーキシューも交換します。

安心のアケボノ製です。

minicab-u62v-r-axl-seal17

あとは組み付けて終わりです。最後にブレーキラインを切り離したので、ブレーキオイルのエア抜きをします。

これがあれば一人でもエア抜きができます。

以上で終わりです。

 

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ