MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

日産セドリック エンジン不調。V6なのに3気筒しか動かないトラブル

time 2015/07/19

日産セドリック エンジン不調。V6なのに3気筒しか動かないトラブル

日産セドリックです。
VG20エンジンを搭載する平成三年式モデル。
型式は忘れてしまったけど
こいつが曲者でした。

c-log703-01
セドリック

原動機はVG20エンジンです。

何が曲者だったかというと、
エンジンが不調でした。

いわゆる片肺という症状。
V6の6気筒のうちどれかの気筒が作動していない。

最初は簡単だろうと思っていた。でも、ちょっと泥沼になってしまった。
最終的にはMHO的にもっと壊してしまったという曰くつきのもの(汗)

片肺なので、とりあえずはプラグを全て点検することにしたんです。

電極がかなり摩耗していたので交換しました。
交換後、エンジンをかけてみるとまだ不調。

そしてレーシング(空ぶかし)をした後に、もう一度プラグを外してみると
1番シリンダーのプラグが全く焼けていないことが分かりました。

プラグコードを外して、プラグコードの先端にプラグをつけて
セルを回すと、火花は飛んでいる様子。
これはおかしい。

c-log703-02
VG20

この時点では1番シリンダーが機能してないため、エンジンが片肺だったのです。
一応プラグコードを入れ替えてみた。

1番と3番のプラグコードを入れ替えた。
これで1番シリンダーのプラグが焼けていれば問題はプラグコードになる。

だけど結果は同じ。1番シリンダーのプラグはまったく焼けてこない。
もしかしてプラグが不良品なんじゃないのかと思って、在庫のもう一つの新品のプラグに付け替えてみたけど同じ。
問題はプラグでもナシ。

ここで次はインジェクターの点検に入る。
長尺ドライバーに耳を当てると、若干カチカチ音がするインジェクター。
でもちょっと不審に思い、サウンドスコープに切り替えて音を聞いてみると
他のシリンダーに比べて明らかに音が違う1番シリンダーのインジェクター。
というか、動いていない。

この時点で原因は1番シリンダーに燃料が噴射されていないことが分かった。
あとはインジェクターが原因なのか、それとも配線なのかを点検に入ります。

そこで、

c-log703-03
インジェクターのカプラーを抜いて、電源を確認すると

プラス電源が2極カプラーの両方に14Vほど電源が来ていた。

ふと見ると、カプラーのコネクターから配線がむき出しになってぶかぶかに
なっていることに気づきました。

この時点で恐らくインジェクターの配線に問題があったといえると思います。

カプラーを修理しようと電工ペンチに手をやったら
カプラーからむき出しの配線がいとも簡単に外れてしまった。

それがインテークマニホールドにショートしてしまった。

ばちばちばち

これが機に泥沼にはまってしまった。

急いでカプラーを修理して、クランキングすると全然初爆しないエンジン。
まったく火が飛ばなくなってしまった。

ショートしたときに、どこかのヒューズが飛んでしまったんだろうと、
ヒューズボックスを開けると、

c-log703-04

c-log703-05

赤い丸のヒューズが飛んでいた。

このヒューズは何をしているかというと、どうも調べたところスターター信号を送っているようなそんなヒューズ。
こいつが飛んでいるとエンジンに火が入らないけれど、エンジンが回っている間に
抜いたとしても問題はない。エンジンを始動させるときに必要らしい。

このヒューズ25Aを入れ替えて、再度エンジンをかけた。
そこでとうとうモンスター症状が現れた(汗)

VGエンジンの運転席側バンクがまったく機能していない
3気筒エンジンになってしまったのだ!!

原因を調べていくと、なんと1番3番5番と運転席側バンクのインジェクターが全て作動してない。
コイツは一体・・・・

配線図を入手して、回路を調べていくとこのエンジンは

それぞれのインジェクターはECUでアースを落としている。

さっきショートしたときに他のヒューズも飛んだのか?
車の全てのヒューズを点検したけれど、どれも飛んでいない。配線図に答えは書いてある。でもそれを認めたくない。

しかし、意を決してECUを取り外した

c-log703-06
VGエンジンのECU。

MHOは勇敢な整備士なので、パンドラの箱なんぞ関係ナシに
がんがん分解

c-log703-07
ECUさんこんにちは。

c-log703-08
!!!

セドリック エンジン不調
ぶっ壊れている電子部品。

この電子部品が一体何をしている物体なのか分からないけど

この電子部品から3つの電極が延びている。
そしてとなりに同じ電子部品。当然こちらにも3つの電極が延びている。

つまり片バンクずつ制御する部品。

c-log703-10
まさに原因はコイツ。ECU。

インジェクターを作動させるためにプラス電源の入り口からインジェクターを通過して

ECUへプラスが流れて、ECUでアースを落とす。

テスターで調べると、正常なインジェクターのほうは当然電球がついたり消えたりついたり消えたりの
繰り返しをしていた。

壊れているほうのバンクは電球がつきっぱなしになっていた。

この日産セドリックのVGエンジンは、インジェクター配線がショートすると
ECUがぶっ壊れてしまうらしい。

それとも25Aのヒューズが飛んでもう一発ショートしたのかもしれない。

と、いうわけでインジェクター配線をショートさせるとECUが壊れてしまう。
そういう事実がはっきりした。

当然これは不可抗力ではあるが、ショートさせた原因はMHO。
解体屋さんから同型の確実に正常なECUを譲ってもらい

保障修理となりました。

いやー勉強になったな。今日は。

エンジン始動の3要素は良い圧縮、良い火花、良い混合気です。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ