MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アクセルペダルが戻らなくてパニックになるということ

time 2016/03/22

アクセルペダルが戻らなくてパニックになるということ

米国にてトヨタが相当なバッシングを受けた事例の一つに、アクセルペダルが戻らないというものがあった。
第一段階はフロアカーペットの形状が良くないので、アクセルペダルにひっかかるというものだった。
それがエスカレートして今度は電制スロットルの制御に問題があるとまで叩かれた。電子制御スロットルに問題は無く、アクセルペダルが戻らない原因はヒューマンエラーが大きなウエイトを占めるということになった。
びっくりした。

今日、お客さんの車を1000km点検で引き取りに行った際に、これと同様のことが起きたのである。
そこの道路の最高速度は60km/hだ。比較的大通りのバイパス道路。ここでわき道から合流するためにアクセルを踏み込み速度を上げた、僕が運転するお客さんの車に異変が起きた。
アクセルペダルを放しているのに、速度がどんどんと上がるのである。

sb-log710-01

!?一体何が起こっているのか?その状態でブレーキングをするも、ブレーキブースターが利かない状態になっているようなペダルタッチだ。いわゆる倍力装置が利いていなくてペダルタッチが固かった。
そりゃそうだ。ブレーキ倍力装置というのはインテークマニホールドの負圧から制御している。アクセルペダルが戻ってこないようなワイヤー式のスロットルボディを採用しているこの車種は、アクセルが開けられていることによりインマニに負圧が発生しない。

なので事実ブレーキブースターが利いていない状態に陥っていた。

前走車が近づいてくる。このお客さんの車は身障者マークがついている。もしかして左側がアクセルペダルか?
とも思った。うちのお客さんの一人に右足の不自由な方が居る。その人の車は左足にアクセルペダルがあり、右側のアクセルペダルを踏み込むと戻らない状態になった。

左のペダルからロッドが延びて右のペダルを押さえつける構造なので間違って直接右のアクセルを踏むとペダルは戻ってこないのだ。

これと似たような状態なのだろうか?とりあえず車速を落とすにはどうするかを考えて、すぐにNレンジに入れた。
エンジン回転がオーバーシュートする。何でアクセルが戻ってこないんだ!?と足元を見たらなんのことはないフロアマットが3枚引かれていて、そのうちの一枚がアクセルペダルに引っかかっていたのである。
もしこれが整備士でない時代のボクに起こったらどうなるか?恐らく冷静な対処ができなくて、もっと危険な目にあったかもしれない。アクセルペダルが戻らないという事例を会社に入って2回目の体験をしてしまった。

アメリカのような高速域でこれが起こったらと思うと確かにぞっとするかもしれない。
フロアマットは純正以外のものをひくっていうのはやっぱりお勧めできないんだなぁと再認識した。

sponsored link

コメント

  • アクセルペダルが戻らないのは結構経験あるのでさほど苦になりませんが、ブレーキペダルが折れた時は「死ぬかも…」とよぎった事があります。

    by 愛知の事務員 €2016年3月23日 00:47

    • そ、それは確かに死ぬかもしれません・・

      by MHO €2016年3月23日 19:27

  • RX-8マニュアル5速乗りです。
    9年前の事ですが、関東マツダのディーラから車検終了後に引き取って帰る途中、アクセルペダルが半分くらい戻らなくなり怖い思いをしました。
    使用していた純正マットには穴があり、床の突起に引っ掛ける構造でしたが、親切でマットを剥がして掃除をしてくれたようです。
    その後突起に引っ掛けることなく床に置いただけで引き渡されたので、運転中にずれてしまいました。

    by 珍言采 €2016年3月23日 06:45

    • アクセルが戻らないと焦りますよね。整備士をやっていても焦ってしまいます。

      by MHO €2016年3月23日 19:27

  • プリウスのアクセルが戻らなくなった場合はどうしたら良いのですか?と
    トヨタの営業さんに質問した事がありました。
    その時の答えは「スタートボタンを押し続けると停止する」と答えてくれましたが、
    プリウスに乗る機会が無いので試せていません。

    by 元スバルの糞メカニック €2016年3月24日 00:32

    • 今度試してみますか。

      by MHO €2016年3月24日 22:59

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ