整備士の残業

僕はさほど残業はしませんが、整備士の残業というのはかなりハードな作業になってきます。
うちの会社は大体10時位には作業を終了させて帰宅させる社風になっています。
なので残業といっても夜の10時位まで。残業代は一切出ません。だからこそ早く帰る。
お客様は理解のある常連さんばかりなので、それで成り立っています。
後輩の知り合いのマツダの整備士はなんと夜中の 2時まで残業をずるそうな。
一番極めつけは某トヨタの整備士で夜中の4時まで。そしてまた朝8時に出勤してくる。
残業代は月に二十時間までしか請求でかないそうです。

sb-log309-01

整備士という職業は体を酷使する作業。しかも人の命を預かっている車が相手です。
集中力が途切れそうな過労状態でブレーキの整備なんか怖いでしょう。
ディーラーメカニックの平均年齢は大体30歳位だそうなのも納得できますね。
体力のある若いうちしかそんな過酷な勤務なんかできませんからね。
営業に上がってしまうと残業代は出ないそうです。しかしある程度の台数をこなせば
報奨金がでるというらしい。
メーカーから海外旅行をプレゼントされたりもするみたい。
たまにうちの工場からもいかないか?とお誘いがきます。
それにしても神経使うし体も使う整備士の残業は半端じゃないけれど、給与待遇は世間的にはかなり低い水準である。
まさに好きでなければやってられない職業なのかもしれないですね

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする