新規のお客様

新規のお客様であります。
先日、ホンダの初代フィットに載ってる人が工場を訪れてきた。
聞けば、いろいろと不具合があるらしい。朝一番でのエンジン異音。
それと右のほうからビビり音がするというもの。
時期だったので1年定期点検を兼ねてお願いします。ということでしたが、まずは見積もりから。
それぞれ異音は発生していない。見知らぬ人が工場に来店することは、リピーターとなり新規開拓に繋がるのでより正確な仕事が求められる。

sb-log447-01

僕が担当することになり、まずは見積もりをある程度作る。困ったのが異音。朝一番での
エンジンの異音はベルトが一番怪しい。走行中の異音については試乗したが再現ができなかった。
概算の見積もりを伝える時に詳しくどのような時に異音が発生しているかを聞いた。
そうしたらなんと高速道路だという。しかし気になって仕方ないらしいので、もはやこちらも意地である。
見積もり段階で近くのインターから高速に乗り、高速テスト走行をした。異音が出た。結構なものだ。
どうやらドアバイザーからのビビり音だった。
これで解決策は見つかった。オーナーに今度は正確な見積もりを伝える。
これで

「結構です」

と言われればこれらの苦労は水の泡。この段階ではうちの会社はお金を請求しない。
一種の賭のように感じるが、もはや商売抜きでの意地である。
なんとしても直す。この姿勢が大切なんであって、オーナーからは了解を得られて仕事は正確に終わった。
こうやって新規のお客様にはうちの誠意をぶつけて、あとは選ばれるかどうかである。
特にフロントと僕はこういうのに熱が入ってしまうタイプなのです。
こうしてフィットのお客様には晴れてリピーターとして利用していただいています。
他の工場からお客様を奪うのは性に合わない。訪れてきたお客様がうちを選択してもらえるように全力を尽くす。
これが僕のモットーである。だって他の工場のみんなも振興会の仲間ですからね。
新規のお客様というお話でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    確か初代GD系のドアバイザーは、ディーラーに行くとクレーム処理でやってくれたんですよね?
    勿論ディーラーによって対応は違うと思います。
    でも私の今お世話になってる整備工場は、MHOさんと同様の対応をしてくれたので利用しています。

    • MHO より:

      ホンダのドアバイザーはその当時はがれやすかったかもしれないですね。バモスなどはサービスキャンペーンが出ていますから。
      工場は技術もさることながら信頼ということが重要ですね

  2. 元スバルの糞メカニック より:

    名前の所に見れば解りますが、本当にスバルに居ました。

    でも古巣に整備を依頼する事は有りません
    何故なら元社員をおざなりに扱う所に愛着もへったくれも無いからです。
    歓待しろなんて言いませんよ?何故なら今は普通の客ですし、元社員でも偉そうにする資格も無いのです。

    古い車を大事に使っている方はたくさんいるはずです
    そんな方に「もう乗り換えですよ!」なんて冗談でも言っては絶対いけません。
    他の工場から客を奪うとゆう考えでは無くて、
    うちの工場にお客が惹かれる魅力を着けて下さい持って下さい!
    スバルの車に乗ってるのにトヨタに入れているのはその魅力を持っている所が在るからです。

    • MHO より:

      つい営業トークに走ってしまうセールスマンが、この前お客さんを怒らせてしまいました。
      車を売るのも仕事だろうけど、そのお客さんが何を求めているのかを察する能力って大事だと思います