MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

トヨタ純正ホイールナットについて

time 2015/02/20

トヨタ純正ホイールナットについて

アルミホイールとホイールナットです

この画像をみて

むむむ、やヴぁくないかコレ?
と思った人は相当の車マニアですな。

何がどうなっているかというと、このホイールとナットは
車検で預かったマークⅡのものでした。

toyota-junsei-wheelnut1
トヨタマークⅡの純正アルミとナット?

これで答えがわかった人は、なかなかの通ですね。

そうなんです。このホイールにこのホイールナットでは駄目なんですよー
残念ー。

解説すると

toyota-junsei-wheelnut2
この貫通ナットをホイールにはめてみると

toyota-junsei-wheelnut3
こうなります。

対して、トランクにあった純正のホイールナットでやってみると

toyota-junsei-wheelnut4
手に持っているのが純正ナット

toyota-junsei-wheelnut5
これが

toyota-junsei-wheelnut6
このようにすっぽりとはまります。

何がいけないかというと、貫通のナットだと
ホイールとナットが線で接触して止まっているだけなんですが、
純正のナットを使うと完全に面でホイールとナットが接触します。

普通のアルミホイールは、ナットの穴に対して角度がついているんですが
トヨタ系にはその角度が浅いものがおおい。

なので純正のナットを使わないと、走行中にネジが外れたりして大変危険なのです。
トヨタに限ったことじゃないけど、そのホイールにはそのホイールにあった
ナットというものが必ず存在します。これを気をつけないといけないんです。

外車のホイールボルトなんて、長さが違うだけで
ドラムブレーキを破壊しかねないんでもっと気をつけましょう。

当然純正ナットに付け替えてお返ししました

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ