MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ワゴンR ディスビからのオイル漏れ 修理

time 2015/09/28

ワゴンR ディスビからのオイル漏れ 修理

初代ワゴンRです。
F6AのSOHCのNAエンジン搭載モデル。

c-log785-01
初代ワゴンR

c-log785-02
ディスビの取り付けギヤハウジングより激しいオイル漏れがあったので
Oリングを交換することに。

この手の斜めにディスビが刺さっている車については、
ただディスビを抜いたら点火時期がかなり狂ってしまうことがあります。

c-log785-03
ネジ3本で止まっているだけ

c-log785-04
ごらんの通り、ギヤが細かいのですぐに動いてしまう。
そしたらエンジンがかからなくなってしまうのです。

c-log785-05
Oリング。古いのはカチカチでぺらっぺらになっていた。
これは確かに漏れそうだ。

c-log785-06
Oリング交換

c-log785-07
あとはネジ3本はめるだけ。

このハウジングを外す前に、ディスビキャップを外してください。
そしてローターがどこの向きにあるのかを印をつけておくこと。

その印の通りに戻さないと点火時期が狂ってエンジンがかからなくなります。

もしずらしてしまったら、

クランクプーリーの溝とタイミングベルトカバーを見て、とりあえず1番を圧縮上死点に出します。

で、ディスキャップの位置を見ながら、ローターが1番の接点に触れるような
その辺の位置に持っていく。

これで一度クランキングしてみる。もし初爆すらおこらないのなら、
点火時期がカムで180度狂っているはず。

クランク2回転に1回転がカムの動きなので、再びクランクのマークをあわせてみる。
そしたらディスキャップが変な方向に向いているので、今度こそ1番のあたりに持ってくる。

初爆が起こってエンジンがかかりそうになったら、微妙に抜き差しして調整。

最終的にはタイミングライトできちんとした点火タイミングに調整すること。

今では安価でタイミングライトが売っていますね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ