エアコン添加剤、ピットワークNC200を入れてみたら効きはどうなったか?

今年も真夏がやってきました。

家で使っている車も結構くたびれてきたので、ここらでドーピングしてあげようとこちらを試してみました。

数年前にワコーズのパワーエアコンプラスを添加したことがありますが、今度はこちらを試してみます。

ピットワークのNC200というものです。

普通のエアコンコンプレッサオイルだろうと、踏んでいたらどうやらいいところのOEM商品だったんです。

実はこのNC200というのは、ニューテックのNC200のOEMなんです。

ニューテックっていうと、ガチンコのオイルメーカーです。F1やカート、フォーミュラー日本、N1耐久などにオイルやギヤオイルを提供してるメーカーです。

このNC200も100%エステル系の化学合成油を主成分として、コンプレッサを潤滑します。

走行9万キロのシエンタにNC200を添加してみたら

今回試したのは、走行9万キロオーバーのシエンタです。

果たしてどうなるのか?

ワコーズのパワーエアコンプラスもそうですが、簡易のガスチャージホースがあれば充填できるのがお手軽でいいです。

低圧側から流し込みます。

結果どうなったか?

エアコンの吹き出し口から、温度を計測してみましたが、温度が下がったというわけではありませんでした。

ただ目に見えて変わったのが2点。

1つはこの車、エアコンベルトの鳴きが激しかったんです。ベルトを換えてもしばらくたつとすぐにまた鳴きが発生するので、プーリーを換えないと駄目だという事はわかっています。

これが、鳴きの発生が減った。ビックリ。

コンプレッサがONになる瞬間にかなりのベルト鳴きが発生していたのが、音が鳴らない時が出てきた。

これはつまり、コンプレッサが駆動する瞬間のフリクションをロスされているため、音の発生が減ったんだと思います。

そしてもう一つが、エアコンをONにしていると絶対的にパワーロスを感じていたのが、それほど感じなくなったということです。

特に山道やらを小排気量の車で走ると、アクセルを踏んでも進まないイライラで、僕はその都度エアコンスイッチをオフにしたりしています。

その必要がなくなった。

コンプレッサ駆動のフリクション低減が相当効いてるんだと思います。

ワコーズのパワーエアコンプラスも結構な効果があったけど、このNC200もやはり期待した効果が出てくれました。

ニューテックバージョンでもOEMのピットワークバージョンでも中身は同じなので、どちらでも試してみてください。

車とは関係ないですが、猫のYouTubeもやってます。よかったら一息猫を見てほっとしてください。

Catsstoptime

ショート動画は毎日12時、18時、21時の3回更新してます。面白い猫動画でふふふとなってください。

シェアする

フォローする