ストーリア、ブレーキランプが点灯しっぱなしになる原因は数百円の部品

ダイハツの懐かしのストーリア。

ブレーキランプが急につきっぱなしになってしまったということで、相談に来ました。この日はお盆休み前最後の日でした。

もはや存在がかなり希少になってきました。

ブレーキランプが点きっぱなしになってしまう・・。そしてこの年代。

ということは、多分あそこだろうなと。今日からダイハツは休みに入ってるので、なんとか違うパーツで応急処置はできるだろうと思いました。

車を確認すると、確かにブレーキランプが点きっぱなしになっています。左右とハイマウントも全部点灯しています。

エンジンをかけてようが止めてようが関係なく点きっぱなしです。

ということは、運転席足元に犯人がいるなと。

やはりありました。かけらです。

ストップランプスイッチのストッパがもげていた

原因は何かというと、ストップランプスイッチのストッパーです。

ブレーキペダルの付け根に水色の突起が出ています。

あれがストップランプスイッチという部品で、ペダルを操作すると物理的にスイッチをON、OFFしています。

下の写真では、スイッチの水色突起部分接触する所が、穴が空いているのがわかります。

本来ここにゴム製のストッパーがついてるんです。経年劣化で硬化してもげてしまっています。

古い車あるあるの故障です。

とりあえずダイハツが休みなので、汎用クリップを差し込んでおきます。

クリップを差し込んでおくと、ストッパの代わりになるので、ちゃんとブレーキランプは消えます。

10年、15年経過した車は交換しておいた方がいいですよ。

部品は200円するかしないか。そんなものです。大体在庫してないので取り寄せになってしまうので、早々に交換しておいた方が余計なトラブルから回避できます。

大野ゴム(OHNO) ペダルストッパーパッド HS-5089

大野ゴム(OHNO) ペダルストッパーパッド HS-5089

1,315円(07/25 17:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

この辺のものが装着可能ではないかと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする