ワコーズのフューエルワンとRECSは流れ込む通路が違う為、同時に使用するのが好ましい

ワコーズのフューエルワンといえば、燃料添加剤で不動の人気を誇っているアイテムです。高濃度のPEAを配合して、エンジンのデポジットを奇麗にしてくれる。

近頃流行りの直噴エンジンにはもはや必須の添加剤ともいえる代物です。

そしてワコーズにはRECSという専門店で作業してもらえる、エンジンカーボンクリーニングもあります。

今ではインターネットでRECSのキットを個人売買して自分で施工している人も見かけます。

僕も、さっそくRECSを買ってみて家の車で試してみました。

RECSとフューエルワンは何が違う?

RECSとフューエルワンって何が違うのか?

まず施工方法が大きく違います。フューエルワンは燃料キャップを外して、燃料タンクへ入れるだけのお手軽さ。

対してRECSはエンジンの負圧を利用してインテークから点滴のように吸わせるものなります。

最終的にどちらも燃焼室へ取り込まれて燃えるのは同じ。

フューエルワンは燃料ラインからインジェクター、そして噴射して燃焼。

RECSはインテークから吸気ポートを経て吸気バルブから燃焼。

どちらも燃焼室で燃やされるところは同じですが、経路が違うわけです。

ここで注目したいのは、それぞれの通路。

フューエルワンは燃料ラインを通過するのに対して、RECSは吸気ポートから。

燃料と空気のそれぞれ通路からやってくるということです。つまり、フューエルワンだと吸気ポートに至る通路までは奇麗にならない。

そしてRECSはインジェクターまでの燃料ラインは奇麗にならないということになります。

同時施工が効果を上げる

結果どういうことが言えるか?

同時に施工するのがいいということです。この手のカーボンクリーニングって、不純物を落として燃やすことをイメージしてください。

ただし全部が全部燃えるわけではなくて、エンジンの中に残るものもあります。そういう汚れはオイルに取り込まれていく。

フューエルワンに代表される燃料添加剤を入れると、オイルが汚れる傾向があります。(メーカーはこれを否定していますけど)

RECSもそうですよね。

どうせ施工するのなら同時に行って、しばらくしてからオイル交換をする。

こうすることが一番効率がいいんじゃないかなと思います。

こちらは直噴エンジンのロードスターにRECSを施工した時の動画です。よかったら見てください。

シェアする

フォローする