キャリィ 4WDが抜けない原因はシフトロッドのピンが脱落していた

スズキのキャリーです。
4WDが抜けないということで入庫。

c-log1263-01
このキャリーは4WDをレバー操作によって切り替えています。

c-log1263-02
このサイドブレーキの横にある小さいレバー。これが2WDと4WDを切り替えているレバーになります。
一番下にあるときは2WD。

4WDにする時は上へ持ち上げるように操作します。

しかし、このレバーを操作してみると明らかにスカスカしているのがわかりました。
これは4WDのシフトワイヤーが切れているだろ!と断定できるくらいのスカスカっぷりでした。

このレバーにはシフトのワイヤーがつながっていて、ミッションと連結されています。
つまり機械的にレバーを動かすことによって、ワイヤーを介し、ミッションの切り替えレバーを動かす仕組みなんだと思います。

念を入れて同僚にレバーを操作してもらって、シフトワイヤーのつながっているミッション側での動きを見てみると

きちんとミッション側でも動いているじゃないですか。

あれれ?なんだかイヤーな予感がしてきました。

c-log1263-03
これがミッション側。プロペラシャフトの真上にワイヤーが来ています。とりあえずワイヤーをミッションから外してみる。

クリップで止まっているだけ

c-log1263-04
続いてワイヤーを手で点検してみるとやはり悪くない。
では、ワイヤーがつながっているミッションのレバーを手で回すと嫌な予感的中。スカスカ。

通常ここは機械的にギヤを切り替えるのだから、レバーを動かすとある程度手ごたえがあるはず。
それが全くない。

c-log1263-05
4WDのポジションランプのセンサーを外して内部を確認すると、やはり動いていない。

c-log1263-06
最後の望みはこの中だ。ここより奥深いことになるとかなり手間がかかる。

ケースの10mmのネジ3本を外してミッションのケースを外します

c-log1263-07
ここで異変に気がつきました

c-log1263-08
切り替えのレバーが真上にぬけちゃう始末。おいおい。どうなってんだこれ

c-log1263-09
通常この部分はピンで止められているはず。そのピンが内部で脱落していました。

無理やりな操作をしたのかなんでなのかわからないけれど、
圧入されているピンが抜けるのは、無理な操作がかかったくらいしか考えられない

c-log1263-10
ケースの中は鉄粉があったので、綺麗に洗浄して抜けていたピンを少し広げて打ち込むことにした

もう少し

c-log1263-11
かなりキツイ状態ではまったのでこれで抜けることはないだろう。

c-log1263-12
c-log1263-13
c-log1263-14

こんな感じで動かなきゃおかしいのです。そりゃ切り替えレバーがスカスカなわけですよ

c-log1263-15
これで直るはず。ケースを綺麗に清掃、脱脂して液体ガスケットを塗布

c-log1263-16
合体

c-log1263-17
ポジションスイッチをつけてワイヤーをつなげる。

ある程度時間を置いて、ミッションオイルを交換。このキャリィは指定の油脂があるので注意

c-log1263-18
レバーを操作してみると

c-log1263-19
きちんと4WDになったり2WDになったりしました

キャリィの4WDが抜けないトラブルでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)