BRZ・86のバルブスプリングリコールが正式発表!その内容を詳しく紹介

正式に国土交通省から発表になりました。

リコールNO.4361

内容詳細を引用します。

原動機の動弁機構部において、設計が不適切なため、バルブスプリングの設計条件 よりも過大な荷重及び一般的な製造ばらつきによる当該スプリング材料中の微小異物 によって、当該スプリングが折損することがある。そのため、エンジンから異音が発生し、 また、エンジン不調となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

気になる対策方法は

全車両、バルブスプリングを対策品に交換する。

不具合件数は94件だったそうです。94台に同様の故障が起こったためリコールに踏み切ったということですね。

車種は86やBRZだけではなくインプレッサなども。

車名 型 式 通 称 名 リコール対象車の車台番号 の範囲及び製作期間

リコール対象車 の台数

スバル DBA-GJ6 「インプレッサ」 GJ6-002086 ~ GJ6-004928 平成 24 年 1 月 17 日 ~ 平成 25 年 6 月 6 日 2,031

DBA-GJ7 GJ7-002566 ~ GJ7-012555 平成 24 年 1 月 18 日 ~ 平成 25 年 6 月 4 日 7,177

DBA-GP6 GP6-002344 ~ GP6-009978 平成 24 年 1 月 17 日 ~ 平成 25 年 6 月 6 日 5,295

DBA-GP7 GP7-003718 ~ GP7-045077 平成 24 年 1 月 17 日 ~ 平成 25 年 6 月 6 日 33,062

DBA-SHJ 「フォレスター」 SHJ-021283 ~ SHJ-026050 平成 24 年 1 月 17 日 ~ 平成 24 年 6 月 13 日 4,739

DBA-SJ5 SJ5-002001 ~ SJ5-025663 平成 24 年 10 月 10 日 ~ 平成 25 年 9 月 30 日 14,242

DBA-ZC6 「BRZ」 ZC6-002002 ~ ZC6-010144 平成 24 年 3 月 9 日 ~ 平成 25 年 7 月 2 日 7,803

トヨタ DBA-ZN6 「86」 ZN6-002028 ~ ZN6-031766 平成 24 年 3 月 12 日 ~ 平成 25 年 7 月 2 日 26,804

(計 4 車種)

(製作期間の全体の範囲) 平成 24 年 1 月 17 日 ~ 平成 25 年 9 月 30 日 (計 101,153 台)

インプレッサ、フォレスター、BRZ、86の4車種です。

対策方法は単純にバルブスプリングのだけのようで、エンジンを乗せ変えるとかそういうことではなさそうです。

おそらくディーラーには作業要領書がメーカーから送られていると思うので、今度実際の作業をどのようにやるのかスバルメカニックに聞いてみたいと思ってます。

それにしても101,153台です。

これは大変なリコールです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HERO より:

    今朝の新聞で、スバルはリコール車両の専用作業所を国内に8カ所設置すると載っていましたね、1台当たりの作業時間がおおよそ2日間で、搬送もふくめて1週間という記事でした。

    • MHO より:

      リコール作業をする拠点の1つに高尾の教育センターがありましたが、僕も何回か研修に行ったことがあります。
      東京の高尾駅からほどなくしてスバルの教育センターがあるんですが、ものすごい広いセンターなんです。宿泊しながら1週間程度の教育を受けました。
      外国人もたくさん行き来してましたね。あそこだったら駐車スペースもかなり取れるし、立地や設備は抜群です。
      ですが搬入したりするのが結構大変ですよね。BRZに乗ってる人はきっと車高だって落としているし、通常のレッカー車じゃ載せられないなんて車もありますからね。

  2. インプレッサリコール より:

    先月買ったばかりの中古車でもリコールのハガキって届きますか?

    • MHO より:

      先月購入となると、全オーナーの元へ通知が行く可能性もあります。車検証を見てスバルのHPからリコール検索してみてください。