MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

自動車の盗難と対策

time 2015/10/03

自動車の盗難と対策

車屋さんをやっていると、どうしても避けて通れないのが盗難事故である。
万全を期しても、たまに車を盗まれてしまうという事態が起こりえるのである。
幸いなことにボクは会社に就職してから、僕が在籍している期間は自動車の盗難被害に
あったことはない。特に万全を期しているというわけではないけれど運がいいということか。
それと新車はすべて警備保障がついた工場の中にしまっておくからなのかもしれない。
中古車でボロボロのものだけ外において帰るのがわが社のやり方でもある。
整備振興会の集まりに行くと、結構車の盗難被害にあっている会社があるのである。
その多くがディーラーだったりします。ディーラーはやはり登録が多い3月などは
車をしまい切れずに、外に新車を出しておかないといけないことがある。お客さんに売るだけではなく、
方々の整備工場に業販するという目的でも車をメーカーから取り寄せるためである。
なのでその台数はかなりのものになってくる。

sb-log482-01

話を聞いているとやはり結構被害に会うことがあるそうだ。万全を期して施錠や警備保障を入れたとしても
それをかいくぐって盗難していく輩たちが後を絶たない。
そこで考え付いたひとつの手段。そういえばどうしてこんなところにこんなもんをおいて置くのかなぁと
疑問に思ったこともあった。それは積載車である。
ディーラーで持っている積載車を業務が終了したら、入り口を封鎖するようにとめておくのだそうです。
こうすると、積載車に邪魔をされて出入り口から簡単に車を盗難することができない。
出入り口に積載車を置いておくのは盗難防止のためなんだそうです。話を聞いて納得した。
そういえばどこのディーラーも出入り口にでっかい積載車がとまっていたなぁと。
基本的にディーラーは道路との間に段差などの囲いがある。囲いを越えて車を盗むとなってくると
ハードルが高くなる。唯一の出入り口は積載車に封鎖されている。理にかなっているのである。
車が届いたらすぐに納車をすれば盗難の被害は減るのだろうが、新車にはオプションパーツをつけたり、
ナビをつけたり、今ならタイヤを交換してから納車しないといけない。
それと自動車業界では大安を狙って納車をすることが多い。ゲンを担ぐわけではないが、やはり
無事故を祈ってのことだ。なので新車を大安まで保管しておかないといけないということである。
盗難には十分に気をつけないといけないのだ。
それぞれいろいろな対策を施してあります。そう簡単には盗めませんので、盗もうとしないでくださいね。
人のものなんだし犯罪だよ。

sponsored link

コメント

  • ローダーの荷台を車両積載位置にすれば、移動はかなり難しくなります。
    写真の状態だと移動は簡単です。

    by 愛知の事務員 €2015年10月4日 20:53

    • 通せんぼ攻撃をして盗難を避ける。
      ほぼ同様のことをいろんな車屋さんでやっています。
      車両積載位置にまで荷台を下げているところはなかったですね

      by MHO €2015年10月6日 21:06

  • 前の会社の中古車部門はやはり置き場所が少なくて
    特に年末となると収容を超えるので、2キロほど先の
    某中古車オークションに出品してはみ出した車の置き場所を
    確保していました・・・
    売れたらラッキー残れば他のオークションに転送して徐々に
    減らすとゆうやり方です。
    これなら会場は警備されてるので安心ですし、何かあったら
    会場の補償が有るので・・・

    by 元スバルの糞メカニック €2015年10月8日 00:39

    • なるほど。
      それにしても自動車の盗難というのは、セキュリティが上がってもなかなかなくなりませんね

      by MHO €2015年10月8日 22:07

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ