サンバー TT2 エンジン載せ替え

サンバーTT2のエンジン載せ換えです。

c-log1025-01
サンバーTT2。エアコンはついていないモデルです。

c-log1025-02
サンバーのクラッチをOHしたことのある人なら簡単におろせます。

まずはクーラントを抜いて、バッテリーの-を外す
セルモーターをいじったりオルタネーターの配線をいじったりするのでショートを防ぐため

Rバンパーを外してマフラーを降ろす

c-log1025-03
マフラーをこれで降ろす

c-log1025-04

c-log1025-05
エアクリーナーBOXを外して、シフトワイヤーを2本外す。セルモーターも外して配線をつけたまま
車両の上においておく。

c-log1025-06

メーターワイヤーも外す。

c-log1025-07
燃料ホースを外す。燃料が溢れて来るので、いらない径のあうホースをリターンさせておく

そしてアクセルワイヤー、バキュームホースを外す

c-log1025-08
メインハーネスのカプラーを2箇所外す。そして冷却ラインのホースを4箇所外す。スロットルにつながるホースも外す

アースは2本。一つはヘッドカバー。もう一つはミッション

c-log1025-09
あと配線をオルタネーターの2箇所と、バックランプやセルモーターのc端子の配線を車両側へ外しておく

続いてリフトアップして
プロペラシャフトとドライブシャフトを外す

c-log1025-10
プロペラシャフトを外して

c-log1025-11
ドライブシャフトをミッションから外しておく

クラッチワイヤーも外す。

この状態で、ミッションのプロペラシャフトの刺さる部分とシャーシの隙間に木片などをはさんで、
エンジンがさがらないようにして、ミッションマウントを外す

c-log1025-12
あとは台車にエンジンを載せた状態でRメンバーの取り付けを4本外せはご覧の通りミッションと
エンジンをくっつけたまま降りて来る

c-log1025-13
1時間あればエアツールとリフトがあれば十分可能

c-log1025-14
車両側

以上でスバル サンバーのエンジン脱着完了です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)