MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

サンバー TT2 エンジン載せ替え

time 2016/05/28

サンバー TT2 エンジン載せ替え

サンバーTT2のエンジン載せ換えです。

c-log1025-01
サンバーTT2。エアコンはついていないモデルです。

c-log1025-02
サンバーのクラッチをOHしたことのある人なら簡単におろせます。

まずはクーラントを抜いて、バッテリーの-を外す
セルモーターをいじったりオルタネーターの配線をいじったりするのでショートを防ぐため

Rバンパーを外してマフラーを降ろす

c-log1025-03
マフラーをこれで降ろす

c-log1025-04

c-log1025-05
エアクリーナーBOXを外して、シフトワイヤーを2本外す。セルモーターも外して配線をつけたまま
車両の上においておく。

c-log1025-06

メーターワイヤーも外す。

c-log1025-07
燃料ホースを外す。燃料が溢れて来るので、いらない径のあうホースをリターンさせておく

そしてアクセルワイヤー、バキュームホースを外す

c-log1025-08
メインハーネスのカプラーを2箇所外す。そして冷却ラインのホースを4箇所外す。スロットルにつながるホースも外す

アースは2本。一つはヘッドカバー。もう一つはミッション

c-log1025-09
あと配線をオルタネーターの2箇所と、バックランプやセルモーターのc端子の配線を車両側へ外しておく

続いてリフトアップして
プロペラシャフトとドライブシャフトを外す

c-log1025-10
プロペラシャフトを外して

c-log1025-11
ドライブシャフトをミッションから外しておく

クラッチワイヤーも外す。

この状態で、ミッションのプロペラシャフトの刺さる部分とシャーシの隙間に木片などをはさんで、
エンジンがさがらないようにして、ミッションマウントを外す

c-log1025-12
あとは台車にエンジンを載せた状態でRメンバーの取り付けを4本外せはご覧の通りミッションと
エンジンをくっつけたまま降りて来る

c-log1025-13
1時間あればエアツールとリフトがあれば十分可能

c-log1025-14
車両側

以上でスバル サンバーのエンジン脱着完了です。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ