ブレーキランプがLEDっておしゃれ?いえ壊れた時は高いんです

そろそろ頻繁になってきた。

お客さんがブレーキランプがつかないから直してください。という電話がきて、

「すぐその場で直っちゃうよって話をしたからもうじきくるよ!」

と営業マンに伝えられた。

僕が

僕「車種はなんですか?」

と聞くと、

営業「VOXY」

だという。

僕「ああ、そりゃダメだ・・・・。」

営業マンがびっくりして聞き返してきた。

営業「特殊な電球なのか?」

僕「LEDです」

営業「!!??初代だぞ?」

僕「初代です!」

これで初代VOXYのブレーキランプが点灯しない相談が2件目です。

実はこの初代VOXYのブレーキランプってLEDなんですよ。この当時から。これが今になって切れるというトラブルが出てきた。もう15年くら経過してきてるからね。

他のは電球なんですよね。スモールとブレーキはLED。

もうダメ元です。

内部を外して接触不良箇所を探す。

どうもこのVOXYくんは上下にLEDが5個くらいずつ配列されている模様です。

そのうちのどれかが点かなくなるケースです。

こういう場合、ユニットを外してLED部分に少しずつショックを軽く与えてみる。うまくいくと再び点灯するようになることがあります。

それでもダメならユニットで交換。片側25600円だったかな?

今回も全てではないけどある程度は点灯することができた。

ただ反対側に比べるとやっぱり暗いなぁ。

ちゃんとスモールとブレーキを踏んだ時は明るさが変わるけど、正常な状態に比べると若干暗い。

LEDはかっこいいけど修理するとなると高いから嫌だな。

細かい部品まで設定してくれればいいんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    最近、ほとんどの車がLEDストップランプやウィンカーを採用してますよね!
    見た目もいいし省電力、球切れの心配もあまりしなくてもいいですしね!
    ただ、いざ点灯不良などが発生した場合、球の交換での修理は出来ないので、アッセン交換になりますもんねぇ…。
    中のユニットを部品として出してもらえたら、修理代も半分位で済むと思うのですがねぇ…。
    車歴が古くなって、球切れが発生した時に、アッセン交換してユーザーに請求書が回った時、とてもびっくりされる事になるでしょうね…。
    クレーム対応される方は、とても大変そう(涙)
    LEDの一部でも玉切れがあると車検には通らなかったですよね…確か!?