GR86とBRZにエンジンブローの噂?オイルパンとストレーナーが怪しい?

僕も整備の情報を毎日発信していますが、当然のことながらいろんなところから情報収集もしています。

その中で、複数該当している症状がちょっと気になったので、ここでも取り上げておきます。

新型に切り替わったばかりのGR86とBRZですが、エンジンが弱いという事についてです。

新型のGR86とBRZは従来型とは違うFA24というエンジンを積んでいます。

こちらがその実物のものです。

排気量が2.4Lにアップして、かなり評判がいい車に仕上がっています。

しかしながら、このFA24、エンジンが弱いという噂が出てるのです。

実際にエンジンブローに見舞われた人も何件かいます。もちろん街乗りレベルでそれが起きるかというと、そうではないと思います。

もし街乗りでエンジンブローするようなら、それはすぐにリコールになるでしょう。

オイルパンのオイルストレーナーに問題がある?

ではどんな時に、その症状がどのように起きるのか?

主にサーキット走行をしている時など、油圧が上がらなくなることがあるようです。

ロガーの記録などでもそれは、明らかの様で、原因はオイルストレーナー付近。

一番怪しいとされているのが、オイルストレーナーのガスケット。

この液体ガスケットが詰まって、感じなときにオイルを吸えない状態になっているというのです。

直すにはオイルストレーナーを外して、正規に取り付けなおせばいいわけです。

しかし、FA24のオイルストレーナーを外すには結構な手間が発生します。

アンダーオイルパンを外すには、メンバーを降ろさないと外せない・・。

さらにその奥にあるストレーナーを外すには、フロント側のタイミングチェーンカバーも外さないといけない。

こんな構造になっているので、簡単に出来るかというと、そうでもないのです。

まだ作業点数が一般公開されてないので、どの程度大変化はわかりません。

ちなみに参考までに旧型の86とBRZのオイルパン脱着作業はなんと5.8時間という指数があてがわれています。

これは相当な指数で、トラックのクラッチOHに匹敵する手間だったりします。

オイルストレーナーを外すにはさらに手間なので、簡単に作業ができないという事はわかってもらえると思います。

万が一今後オイルストレーナーにリコールが出た場合は、これは1日では無理で、最低でも一泊二日コースになりますね。

もし、GR86やBRZでサーキットを走りたいという人は、オイルパンとバッフルプレートをアフターパーツに交換して、その時にストレーナーも対策してもらうのがいいと思います。

今後リコールになるかどうかは不明です。普段使いではエンジンブローしないということであれば、リコールにならない可能性の方が高いかなと。

車とは関係ないですが、猫のYouTubeもやってます。よかったら一息猫を見てほっとしてください。

Catsstoptime

ショート動画は毎日12時、18時、21時の3回更新してます。面白い猫動画でふふふとなってください。

シェアする

フォローする