ハイゼットカーゴにはオイル交換後のリセットが必要!リセット方法とは?

ダイハツの新型になったハイゼットカーゴです。

この新型から、とうとうダイハツ車にもオイルメンテナンスのスパナマークが搭載されました。

オイル交換をしたらリセットをしてあげないといけないのです。

今回はハイゼットカーゴのスパナマークリセット方法を書いてみます。

簡単です。

最初にスパナマークはどういうものか?

水温ランプの上にあるオレンジのスパナマークです。

これがオイル交換のインターバルを表していて、オイル交換の時期が近づいてくると点灯するのです。

オイルを交換してもリセットをしないと、点灯してしまいます。

ハイゼットカーゴ スパナマークリセット方法

それではリセット方法です。

1、ODO/TRIPノブを押して、メーター表示をTRIP Aに切り替える。

2、キーをOFFにする。

3、ODO/TRIPノブを押しながらキーをONにする。

4、するとスパナマークが6回点滅、その後メーターノブを離すとスパナマークが高速で12回点滅します。キーをOFF (IG OFF)にして終了。

簡単です。

まとめるとTRIP A表示に切り替えておいて、キーをOFF。ノブを押しながらキーをONにしてスパナマークが6回点滅、ノブを離してスパナマークが高速で12回点滅したらキーをOFF。

これだけです。

大進化を遂げている新型ハイゼットカーゴ

ハイゼットカーゴはモデルチェンジでかなり進化しています。

こちらはマニュアルですが、CVT搭載車はいいですよ。

新型のサンバーなどとオイルメンテナンスのリセット方法は同じなので、動画も見てください。

オイル交換シール 100枚 オイル交換ステッカー 65x35mm N

オイル交換シール 100枚 オイル交換ステッカー 65x35mm N

875円(06/25 16:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

DIYでオイル交換する時はステッカーはこちらがおすすめ。僕も使ってます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする