日本のガソリン、オクタン価は本当?実はハイオクのオクタン価が微妙な件

clicccarにこんな特集が組まれています。

ハイオクのオクタン価を計測したら「ガソリンスタンドによってこんなに違う…ヤバいゼ」オクタン価Gメンもビックリ!【その2】

この記事は、その1の段階から僕もずっと注目していたものです。というのも、日本のガソリンスタンド、ちゃんとしたガソリンを売っているのか?という疑問です。

と、いうのも最初にガソリンスタンドに問題が発覚したのは数年前です。

大手石油元売りのエネオスや、コスモ石油などで販売していたハイオクが実は中身が伴わないものだった。

ハイオクにはエンジン内部のカーボン・デポジットをクリーンにする清浄性が含まれていると誇張広告を出していたわけですね。

この点については、大手元売りも非を認めています。今では昭和シェルのV-Powerとコストコで売ってるガソリンには清浄性が含まれています。

そもそも、メーカーが違うローリーですけど、実はその燃料は同じだったなどなど。闇が深いなと。

ここまでが第一段階です。そして次に怪しいなと思ったのが、政府がガソリンに対して補助金をぶち込んでいるにもかかわらず、一向に価格が下がらないガソリン価格。

絶対に帳尻が合わないため、価格操作をしているんじゃないかと。この辺が第二段階で疑っていました。

そして、最近です。いろいろな記事に目を通していると、高性能なチューニングカーが、その性能を発揮できない時がある。

その原因がどうやらガソリンのせいなんじゃないかって。

近年のエンジンはノック補正を学習している

車をチューニングしようとしたら、ノッキングをコントロールしないといけません。

圧縮比を上げたら、出力は上がってもノッキングが発生しやすくなる。ターボエンジンなどでは圧縮を下げて・・。など、かなり緻密に燃料マップを作って制御していかないとダメです。

ノッキングが発生するとエンジンが壊れてしまうから。

その大前提には市販されているガソリンに対して、オクタン価が担保されてないと話になりません。

どこのスタンドに行ってガソリンを入れても、ちゃんとした基準のオクタン価じゃないとダメだということですね。

クリッカーの記事では、有名チューナーがそれぞれのスタンドでハイオクを買って、オクタン価を計測しています。

僕も以前これをやってみようと思ったんですが、オクタン価を計測する機械がとても高価で手が出ませんでした。買ったとしてもその機械の信憑性もわからないし・・・。

結果は記事を見ればわかりますけど、まあバラツキがあってよろしくないわけでした。

GRヤリスって、今チューニング界でたくさん乗られています。このGRヤリスには専用診断機でノック補正学習というものが読み取れるんです。

このノック補正学習値が変動することで、コンピュータがヤリスの出力を制御してしまうのです。

当然あっちのスタンドで入れた時は学習値が上がったのに対して、こっちのスタンドではダメだった。と。

そのハイオクは大丈夫なのかっていう疑惑に繋がっていったわけですね。

オクタン価は目に見えないから・・

何が困るって、ガソリンのオクタン価って目に見えないです。

そして、入れたらもしかしたらエンジンが不調になるかもしれないと。これが困りますよね。レギュラー車だけならまだしも、今度出る新型のヴェルファイヤって、ターボモデルがあってハイオク指定です。

GT-Rだってハイオク指定です。

こう言った高性能エンジンの性能を発揮できるのは、きちんとしたハイオクなんですよね。

ここのところ、石油元売りに対してどうも微妙な空気が流れているような気がします。とりあえず、僕はちょっと遠いけど最近は昭和シェルで燃料を入れています。

シェルって、ローリーのルートが違うため他の石油元売とは明らかに違うからです。ただし、出光と合併してアポロステーションに代わってしまえば、多分中身は一緒になってしまうかもしれませんけど。

高性能エンジンに乗ってる人や外車に乗ってる人は、気をつけてください。

HKS DHOB(DRAG HIGH OCTANE BOOSTER) 燃料添加剤 500mL 5303-SA001

HKS DHOB(DRAG HIGH OCTANE BOOSTER) 燃料添加剤 500mL 5303-SA001

2,970円(06/21 07:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

YouTubeもやっています。いろんなグッズを試したり、実験を車でしていますのでよかったらチャンネル登録お願いします。

MHOちゃんねる メインチャンネル毎週金曜20時更新

MHOえんぢにありんぐ  YouTuber チームMHOにスポットを当てたサブチャンネル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする