フィットのオイル漏れ修理!タイミングチェーンのクランクオイルシール交換はベルトより楽

ホンダのフィットです。車検で入庫してきました。が、エンジンからオイル漏れを起こしていました。

オイル漏れの部位はどこかというと、クランクシャフトフロントオイルシール。

ものすごく漏れているわけではないですが、にじみを通り越して漏れてきているかなぁというくらい。

このエンジンはタイミングチェーンなので、クランクフロントのオイルシール交換は比較的簡単です。

オーナーに話をしたら交換してほしいというので作業しました。

とりあえずファンベルトを外します。

続いてクランクシャフトプーリーのボルトを外す。これが一番骨の折れる作業です。

かなり硬いトルクで締め付けられています。

リングギヤのカバーを外して、リングギヤにレバーをあてがってクランクシャフトを固定しました。

こんな感じでリングギヤをロック。あまり無理しないこと。

ミッションケースはアルミなので。

ホンダの場合専用の工具があればクランクプーリーを固定できます。

なくてもこのフィット位ならリングギヤで固定して外せました。

オデッセイクラスになるとプーリーホールドがないときついです。

プーリーを外します。

古いオイルシールを外す。

新品のオイルシールを打ち込みます。

あとはクランクプーリーを付けて規定トルクでボルトを締める。

オイルシールを交換してもオイルが漏れてくるようならプーリー側が減ってる可能性もあります。

オイルシールの位置をずらしてみるか、それでも駄目ならプーリーも変えないと止まらないかもしれません。

MHOちゃんねるも毎日動画を更新してるのでぜひチャンネル登録お願いします。

シェアする

フォローする