インマニを外さないとプラグが交換できない車はガスケットも必ず交換しよう

今の車って、プラグ交換をするのにインマニを外さないといけないケースが多くなってきました。プラグが長寿命化されてきたので、簡単に脱着できなくてもいいかなっていう考えなのかもしれないけど。

こちらのブルーバードもそう。

プラグを交換するにはインマニを外さないと交換ができません。DIYでプラグを交換する人も中にはいるかと思うんですけど、その際には必ずインテークマニホールドのガスケットも交換しましょう。

と、いうのもインマニというのは空気の通路です。ガスケットを交換しないとどうなるか?密封されている接合面からエアーを吸い込んで、アイドリングが高くなります。

そしてこの手の車って電子制御スロットルを使ってるから、それを補正しようとハチャメチャになってしまう。昔のSRとかはECUでスローを調整するダイヤルが付いていたりしましたけどね。

ゴム製のガスケットなら剥がすのはさほど苦にはなりませんが、ホンダのインマニガスケットのように、紙タイプのものだと剥がすのがめちゃくちゃ大変。

ガスケットは一度装着したものは基本的に再使用は不可です。

プラグ交換が大変な車は、長寿命タイプに交換するのがいい。大体10万キロOKのプラグが装着されていますけどね。

僕は、自分の車がもし普通のプラグを使っていたら、最初のプラグ交換で10万キロ無交換OKのイリジウムタフに交換してしまいます。

ネットで買えば1本500円程度で買えますから。結果的に手間を考えるとコストパフォーマンスがとても高い。

ゴムのガスケットだとはいえ、取り付け面はきちんと掃除してから取り付けましょう。

車の整備って、清掃は基本中の基本です。オイルシールを外したらその取り付け面をきちんと点検する。そうした細かい気配りがないとすぐに漏れたりしてきます。

そろそろ我が家の車もプラグを交換する時期かなぁ。

軽トラックにもイリジウムタフを入れておくかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)