鍵が回らない・キーが回らない

本日は狐につままれたような話。

それは鍵

c-log564-01
自動車のキー。

この鍵ですが、大半の自動車はエンジンをかけるために
鍵をイグニッションのキーシリンダーへ入れて
スイッチをONにしますよね!?

で、その車の鍵なんですが、

回らない

と、いうトラブルも発生します。

普段日常使っている車の鍵。
当たり前のように回してエンジンを掛ける鍵

その車の鍵が回らないというトラブルが発生したら・・・

ちょっと怖いですね。

でも実際に起こりえる話なんですよ。
今回もお客さんから電話があって、エンジンがかけられないとのこと。

どうもセルが回らないって訴えているようだけど
電話で問診していると

鍵が回らない

っていうのね。

c-log564-02

c-log564-03

エンジンを掛けようとしたら鍵がまわらない。
どうにも回らない。

このお客さんは、警備をする会社で、
いわゆる銀行へお金を集金にいっている警備会社の車です。

車はトヨタのハイエースでした。

鍵が回らない原因というのはいくつかあります。

①オートマ車であれば、シフトロック系統がおかしい。

AT車はキーがオンで、ブレーキペダルを踏んで初めて
シフトが動かせますよね!?
それはキーシリンダーへワイヤーがつながっていて、
ブレーキペダルを踏んだ状態じゃないとシフトが動かせないようになっています。
いわゆるパーキングから他へシフトするときね。

この系統がおかしくて、シフトをパーキングに入れても
鍵が抜けなくなる
というトラブルがよく発生します。スズキのワゴンRに多かった。
これでお客さんは強引に鍵を抜こうとしてへし折った人もいたよ。

そして鍵が回らない理由もう一つ

②鍵が違う

これは当たり前の話。違う鍵じゃ回りっこないよね。
メーカーが同じであれば、鍵はおくまで刺さるけれど回ることはない。

そして最後に鍵が回らない理由

③鍵が減っている

??

と思うけど、鍵って減るのね。

しかもこのお客さんは警備会社。

車に乗り降りを一日に何回も頻繁にします。

当然鍵を抜き差しをする回数が他のお客さんの比ではない。

今回もコレでした。

鍵が減っていて、キーシリンダーが他の鍵と勘違いしちゃうって事。

そのキーシリンダーに合う鍵じゃなくなってきてしまう。
鍵が減っちゃってね。

これだと鍵が回らなくなる。

こういう場合無理やり回すと鍵が曲がって余計に駄目。

鍵を微妙に抜いた状態で回してみたり
奥までさして回してみたり
どこかきっと回る位置が出てきます。

それを力をあまりかけないで探してやる。

こうすると鍵が回ります。

すったもんだでこんなトラブルが良くあるんですよ。

なので車を買ったら鍵が減らないうちに
スペアキーを作っておくことをお勧めします。

そうすると正常な鍵がたくさんあるから

鍵が減ってきたらスペアを使うようにすればいいからね。

今回は鍵が回らないトラブルについてでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 元スバルの糞メカニック より:

    ステアリングロックが掛かった状態でもキーが回らない
    事態も有りますね・・
    特にキーを抜いてステアリングロックを掛ける、時間が経つと
    パワステの油圧が抜けてカンヌキに力が掛かる、
    ステアリングの反力でカンヌキが抜けない・・キーも回せないと
    云う感じです。
    営業時間が過ぎてから電話がよく掛かってきました!
    その時は、「ハンドルを左手で持って揺すって右手でキーを回してみてください!」とバブル時代に夜間に1日3回この内容が来た経験有り。