MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

油圧警告灯が点灯する原因と対策方法

time 2015/08/02

油圧警告灯が点灯する原因と対策方法

オイルプレッシャースイッチ。
いわゆるエンジンオイルの油圧が低くなったら
インパネに警告灯をつける役割をしています。
大体がシリンダーブロックに取り付けられているスイッチです。

c-log722-01
オイルプレッシャースイッチは
エンジンオイルの圧力をまともに受けているスイッチなので、

経年劣化でよく壊れたりします。

油圧警告灯が点灯するケースというのは
その殆どがオイルの量が少なくなって、点灯させるもの。

大体が量をモニターしているといったニュアンスですね。

お客さんが油圧警告灯が点灯してしまったという話をしていたら、
とりあえずオイルの量を調べてみます。

規定量はいっていたら、いつ交換したものかを確認して
古いものなら一応交換。

それでも消えない場合はオイルプレッシャースイッチを確認します。

c-log722-02

結構壊れる方のスイッチになると思います。

経年劣化でオイルがにじんで来たりしたら交換するようにしましょう。
部品代は安くて、1000~2000円程度。

古くなってきたら交換するのもいいかもしれませんね

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ