MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

サンバー ステアリングのガタ修理 コラムブッシュ交換

time 2015/06/05

サンバー ステアリングのガタ修理 コラムブッシュ交換

本日は久しぶりにエンジニアリングスバルサンバーのKS4というモデルの
ハンドルのガタを修理

c-log606-01
ハンドルを上下左右にゆすってみてガタがでているなら

ステアリングシャフトの付け根のブッシュが劣化しているので交換しないと駄目。
c-log606-02
品番はコレ

まずはホーンカバーを外しハンドルを取ります。

センターのナット17mmを緩めてハンドルを引っこ抜いて

c-log606-03
で、シャフトの奥にあるスナップリングを外します

c-log606-04
つづいてワッシャー

c-log606-05
そしてウェーブワッシャーを外します

c-log606-06
そしたらコラムカバーを上下分割して、上は抜けてこないからずらした状態でレバースイッチを外します。ネジ2本

 

c-log606-07
レバースイッチにつながる配線を外したら、簡単に外れます。

これでブッシュとご対面
c-log606-08
古いブッシュをドライバーでこじって外します

c-log606-09
外れた状態

c-log606-10
新品が上。形状が違うけどコレでいいんだそうです。

c-log606-11
ハンマーで叩いて入れてきます。

c-log606-12
ここまで打ち込んで終了。あとは元に戻すだけ。

一応作業終了後にハンドルのガタをチェックしてね。
ハンドルのがたはばっちりと消えているはずです。

以上サンバーのステアリングシャフトブッシュ交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ