サンバー エンジンかからない クラッチスイッチ交換 TT2

サンバー TT2 ファイナルモデル
クラッチスイッチを交換したのでレポートします

c-log1267-01
このファイナル型のサンバーはよくクラッチスイッチが壊れてエンジンがかからなくなります。

c-log1267-02
クラッチスイッチは、クラッチペダルを踏み込んだときにONになり、セルモーターを回す条件を満たすものです。
これが壊れるとセルモーターが回らなくなる。

スイッチは、ペダルの上についています。

c-log1267-03
これがクラッチスイッチ。まずはカプラーを外す

c-log1267-04
スイッチは2つのナットでステーを挟み込んで固定しています。

c-log1267-05
こうやってスパナを2本使ってナットを解除してステーからスイッチをとりはずす

c-log1267-06
スイッチを外した状態

c-log1267-07
これがクラッチスイッチです

c-log1267-08
新品はこれ。980円。そんなに高くない

これが

c-log1267-09
新品のクラッチスイッチ

c-log1267-10
新しいスイッチをはめる。ここで調整します

c-log1267-11
ペダルを放しているとき

c-log1267-12
ペダルを踏んでいるとき。見えにくくてすみませんが、スイッチがきちんと押されているのがわかります。

この位置にネジを調整してもってくること。無理が掛からない場所を探して固定します

c-log1267-13
あとはカプラーをはめる。

これでサンバーのクラッチスイッチの交換は終わりです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする