ワゴンR カーブを曲がるとガコガコ音 ビスカス交換

ワゴンRです。よく壊れるビスカス。
ということでワゴンRのビスカス交換をレポートします

c-log1133-01
ワゴンR ビスカス交換

c-log1133-02
ビスカスはプロペラシャフトの真ん中についています。
旋回したときの駆動差を調整するもので、これがこわれると急なハンドル操作で異音がする。

c-log1133-03
まずは12mmのネジを外す。マイナスドライバーなどで廻り止めをしないと駄目

c-log1133-04
ネジは4本

続いてセンターベアリングのネジを外す

c-log1133-05
14mm

c-log1133-06
このとおり2分割になります

もう少し
c-log1133-07
つづいてロックナットを取り外します

c-log1133-08
リフトとインパクトがあれば楽勝ですけどね

c-log1133-09
古いビスカスを抜く。固着している場合は後ろから叩くと抜けます

c-log1133-10
新品へ

c-log1133-11
新しいロックナットを締めて、廻り止めのカシメをつける

c-log1133-12
あとは元に戻せば終わり

保証が切れていたら中古かリビルトがいいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)