1リットル1万円のエンジンオイルの性能って・・

今毎度のこと、図書館で借りてきた車雑誌を読んでいます。
車雑誌にはありがちな広告欄に目を通すとすごいものがある。
その一つにオイルがありますが、高性能オイルに至っては1リットル一万円するものもざらにある。
4リットル缶で買うと4万円であります。
僕は20代の頃毎回違うエンジンオイルを試していた。4リットル缶で上限を一万円として、
いろんな化学合成油を試した。車には油温計も油圧計もつけていなかったため、
数値での良し悪しは判断できなかった。

sb-log423-01

しかしいわゆる4リットル千円の安売りオイルは全開にすると、
走行後にエンジンルームから煙が上がってきていた。
でも4リットル一万円のエンジンオイルではそういった事はなかった。
で、話を元に戻して1リットル一万円のエンジンオイルである。4リットル缶で4万円なのである。
こんなオイルは一体どんな性能をほこっているのだろうか?このクラスのオイルになると、
その良し悪しはサーキットにでも車を持ち込んで、全開の全開にしないとその価値ははかれないだろうな。
街乗りでこのオイルを毎回使うとする。一般的なオイル交換サイクルの5000kmで交換して
10万キロ走るとなると、オイルは20回交換することになる。オイル代だけでなんと80万円だ。
80万円というとリビルトエンジン二機は買えてしまう金額だ。
そうかんがえると、4リットル4万円のオイルはサーキットで且つ、レースをやるといった
状況でないと真価をとえないかもしれないなあ。
それにしてもそんなエンジンオイル。一度入れて見たいものだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする