MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アトレー S330G タイミングベルト・ウォーターポンプ交換

time 2016/07/29

アトレー S330G タイミングベルト・ウォーターポンプ交換

アトレーのS330G
ウォーターポンプから異音が出ていたので
タイミングベルト・ウォーターポンプを交換することになりました

c-log1074-01
アトレー S330G

c-log1074-02
上で行なう作業としては、タイミングベルトカバーのネジを1本外す。
それとベルトカバーに取り付いているハーネスのクリップを外しておく
オルタネーターベルトを緩めておく

とこんなところ

c-log1074-03
補機ベルトを緩めて外す。本当はベルトがはってある状態のときに
ウォーターポンププーリーのネジを緩めておくのがベストかな

c-log1074-04
続いてクランクプーリーのボルトを外してプーリーを外す。
SSTがないと辛い

c-log1074-05
プーリーを外したらタイミングベルトカバーを外します

c-log1074-06
はいこんにちは。EFエンジンのウォーターポンプってよくもれてくるな
1番圧縮上死点にあわせる

c-log1074-07
そうしたらテンショナーを外してタイミングベルトを外す。タイミングベルトがどのくらいの
強さで張られていたかを覚えておきましょう

c-log1074-08
ウォーターポンプを外す。交換するのはASSYで交換するのがベスト。
オルタネーターのステーを外す必要があります

走行4万キロなので、クランクとカムのオイルシールからオイルが漏れてきているわけではないので
オイルシールは換えない

c-log1074-09
新品のポンプとテンショナーをつける

c-log1074-10
このEFエンジンは新品のベルトにタイミングマークが刻印されているので
マークをプーリーのアイマークにあわせるだけで、タイミングが合う。
タイミングベルトの掛け間違いのミスを犯すことがないので簡単です

ポイントは張りだけ

c-log1074-11
鏡で写してみると、カムのスプロケットのぽっちとタイミングマークがあっている

c-log1074-12
クランクのマークはこれ

c-log1074-13
あとは元に戻してクーラントを入れてエア抜き

S330Gのアトレーはエア抜きのブリーダーが何箇所かあるのできちんとマニュアルどおりに行ないましょう。
ボンネットを開けると書いてあります

S330Gのアトレーのタイミングベルト交換でした。

クーラントのエア抜きはクーラントチャージャーがオススメです。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ