フィット GD4 フロントハブベアリング交換

ホンダ フィット
型式 GD4

フロントのハブベアリングを交換したのでレポートします


フィット GD4 フロントハブベアリング交換。

事の経緯はもちろん異音。もうひどい音でした。


早速作業開始。まずはタイヤを外してリフトアップ

この車は山間地で使われているためサビがひどい。


ハブのロックナット32mmを外す。


続いてタイロッドエンドの割ピンを外してナックルから切り離す

固着しているのでハンマーでナックルをアテハンしてひっぱたくと外れる


さくさくいきましょう


キャリパーを外す。17mmを2本


ブレーキローターを外します。ハブにネジどめされているのでネジを外してからね


スライディングハンマーでハブを引っこ抜く


やっぱりベアリングのインナーレースがハブに残ってきた


もうちょっとでナックルが外れます


ABSの車輪速度センサーを外す。10mm。だけどサビで固着して抜けない。


ロアアームをナックルから外す。ピンを抜いて17mmを外す


ここも大抵固着しているのでアテハンしてひっぱたく。


あとはストラットを切り離せばナックルは外れるけど、ABSのセンサーが外れないので配線ごと外すことに。
エンジンルームのブレーキオイルのタンクの下にあるオレンジのカプラー


ストラットを切り離す。17mmのボルトナット。2つ


これでナックルが外れた。この状態でようやくABSのセンサーを外せました。


まだ折り返しじゃありません


ハブにくっついてきたベアリングのインナーレースをプレスで外す


インナーレースを抜いています


さあベアリングを打ち替えるぞ。と、思ってバックプレートを外そうとしたらショックドライバーでも外れない。

仕方がないからこのままアタックすることに


まずはスナップリングを外す。こちら側へベアリングを抜いていきます


適当なソケットで裏からベアリングに当ててプレスで抜く。抜くのは簡単。


サビは恐ろしいもので、バックプレートも外せないし、裏側のドライブシャフトのガイドになるカラーも外せない。

しょうがないからこのままアタック。だけどうまい位置に収まらない


古いベアリングをあてがいながら、ある程度までプレスでハブベアリングを圧入していきます

あてがえるものを変更して終点までベアリングを圧入

スナップリングを入れる


続いてハブを圧入する。この時、裏のベアリングのインナーレース部分を抑えながら圧入しないと
ベアリングがダメになるので注意


ベアリング交換完了。手で回してスムーズに回ること


あとは車両に戻す


ハブのロックナットを交換します。ハブロックナットの締め付けトルクは

181N・mもしくは18,5kgf・m

そんなにビックトルクじゃないので中くらいのトルクレンチで十分


ロックナットをかしめる

あとはタイヤをつけてテスト走行して終了

フィット GD4 フロントハブベアリング交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)