マーク2 JZX105 ヘッドカバーパッキン交換

マーク2です。JZX105という型式だったような。
ヘッドカバーからのオイル漏れを修理しました。

c-log1129-01
マーク2。1JZのヘッドカバーパッキン交換

c-log1129-02
インマニから後ろのサージタンクを外す必要があり、ちょっと手間です

c-log1129-03
まずはエアクリーナーのダクトを外す

c-log1129-04
部品として取ったのは、このサージタンクとエキマニの結合面のガスケットとヘッドカバーパッキンのみ。

まだまだです

c-log1129-05
ホースやらカプラーやらたくさんつながっています

c-log1129-06
横着な僕はアクセルワイヤーもつなげたまま、左側へちょっと置いておくのです。この状態でヘッドカバーにアタックします

c-log1129-07
インテークからゴミを吸わないように何かで覆っておきましょう

c-log1129-08
タイミングベルトカバーも手前を外す

c-log1129-09
ヘッドカバーも2分割でインテークとエキゾーストで独立しています。
プラグ系統はいじらなくてもはずれます

c-log1129-10
パッキンを交換する

c-log1129-11
この手の直6のプラグ交換にいえることなんですが、
イグニッションコイルのカプラーは外さない方が無難なんですよ。カプラーが硬化して割れちゃうことが多い。

c-log1129-12
10万キロ走ったらプラグとタイミングベルトとヘッドカバーを一気にやれば後長くつかえます

c-log1129-13
ヘッドカバーを交換したらサージタンクを再び合体。

c-log1129-14
綺麗に洗浄して作業は終了。しばらくエンジンをかけて漏れがないか確認しましょう

マーク2のヘッドカバーパッキン交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    1JZ-GTEの方がやり易いですよね。
    プラグも交換し易いし。

    • MHO より:

      あの当時の日産とトヨタの直6はプラグ交換とヘッドカバーのパッキン交換は一緒にやるのが得策でしたね