ミニカ クーラント漏れ修理

ミニカのベルト鳴き、水漏れ修理です。

c-log796-01-1
今回お伝えするのは水漏れ修理。

この車両はあまり冷却水の管理が良くない車両です。
一体どこから水が漏れているのかとのぞいてみると

c-log796-02
発見。

ラジエターアッパーホースの付け根あたり

ちょうどサーモスタットのハウジング部分から冷却水漏れが発覚。

c-log796-03
ハウジングを外してみるとこんな状態。

c-log796-04
アルミが腐食して段付きになっているのが分かります。
ここからホースの圧が抜けて漏れていたということですね。

c-log796-05

ここまで外したからサーモスタットも一度新品に交換したかったけど

ラジエターホースのアッパーとホースバンド、サーモスタットハウジングとパッキンのみ交換。

あまりお金をかけないでくださいということでした。

冷却水の交換を怠ってくるとこのようにアルミが腐食してそこから
漏れが発生してくることがあります。

クーラントはマメに交換しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)