日産 キャラバン リコール情報 噴射ポンプ・アクスルシャフト不良

2月12日 日産キャラバンにリコールが出たのでお伝えします。

・内容 ①原動機(燃料噴射ポンプ) ②動力伝達装置(後輪アクスルシャフト)

一部抜粋

①直噴ターボディーゼルエンジンにおいて、燃料噴射ポンプのシールの製造およ び形状が不適切なため、シールに亀裂が入ることがある。そのため、そのまま の状態で使用を続けると、亀裂が進行して貫通し、最悪の場合、燃料が漏れる おそれがある。 ②ABS付き車において、後輪のABSセンサ取付け部の構造が不適切なため、 取付け面のシール性が低いものがある。そのため、シール部から浸入した泥水 等がベアリング内に到達し、そのままの状態で使用を続けると、ベアリングが 潤滑不良となり、最悪の場合、ベアリングが破損し、後輪アクスルシャフトが 抜けて走行不能となるおそれがある。

・対策  ①全車両、当該燃料噴射ポンプを対策品と交換する。 ②全車両、ABSセンサ取付け部にシール剤を塗布するとともに、シール部の錆 の状況を確認する。その結果、ベアリング内に水が到達した形跡が確認された 場合は、当該後輪アクスル一式を新品と交換する。

・該当製造年月日 平成19年8月7日~平成24年6月5日

・台数 35334台

以上です。噴射ポンプとアクスルシャフトとは、結構大きな部分のリコールですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)