格安オイルを入れて5000km走行!現在のオイルの状態はどうなっているか?

近所で一番安く買えるオイルを使って、オイル交換をしました。

それから気が付いたら5000km走行していたので、改めて追いいるの状態を点検してみました。

エンジンは1NZです。 メーカー指定のオイル交換時期は最長で1年または15000km。

シビアコンディションではその半分。

ここまで来たら、この格安オイルをさらに使い込んでみようと思っています。

気になる現在の状態はこの通り。

汚れ具合はこの通り。

徐々に茶色っぽくなってきています。ただしオイルをよく見るとまだツヤツヤしているので、使えると思います。

オイルが末期状態になると、卵の白身のようなプルンと透明な膜がなくなって見えてきます。

オイルが汚れていたとしても、この透明の膜に入っていれば大丈夫。

艶がなくなってくるとちょっとマズイわけです。

よくあるのがオイル交換をずっとさぼってきたエンジンに、オイルを交換するとあっという間にい真っ黒になります。これはエンジン内部に残った古いオイルが混ざるからです。

ただし、よく見ると交換したばかりのオイルなのでツヤツヤしているんです。

前回交換してから5061kmを経過。とりあえずシビアコンディションの7500kmまで引っ張って使ってみます。

このオイルがどこまで汚れてくるのか?

恐らくあと2ヶ月経たないで7500kmに到達すると思いますので。その時にまたレポートします。

ちなみに燃料計は10.9km/lを記録しています。

エアコンを使っている時期にしてはまあまあ普通かな。頑張れ格安オイルと1NZ!

シェアする

フォローする